ミュージカルの歩みその1

今ではすっかり一般的になったミュージカルですが、みなさんの中で実際にステージを見たことがある方、多いのではないでしょうか。
ミュージカルを見たことがない方でも、テレビコマーシャルで流れていたり、雑誌で特集されていたりするので、どういう内容かご存知だと思いますし、今、何がヒットしているのかご存知でしょうね。
さて、このミュージカル、昔は、どのようなものだったのでしょうか?
そして、外貨両替 秋葉原どのような歴史を歩んで来たのでしょうか?
ここではミュージカルの歴史についてお話したいと思います。

まず、発端は、パリで演じられていた「オペラ・コミック」というジャンルがありました。
「地獄のオルフェ」の作曲者、ジャック・オッフェンバックという方がいますが、彼に影響を受けた、ヨハン・シュトラウス2世という方が、ウィーンでオペレッタを発展させました。
やがて、ベルリンオペレッタで進化したものを、ハーバート、フリムル、そして、ロンバーグなどが、それをアメリカに持ち込みます。
それが、ニューオーリンズでのショーとなって、現在のミュージカルが誕生しました。

第1次世界大戦後にあったオペレッタ作品は、ミュージカルと区別することは難しいといわれています。
オペレッタ作品と言えば、オペラ発声で歌う歌手や、クラシックの管弦楽団、バレエによるダンス、そして、ドイツ語の歌詞です。
それに比べて、現在のミュージカルは、地声による自由な歌、そして、歌と一体化したダンス、自由なバンド編成、また、英語の歌詞という要素です。